メインメニュー
アクセス
今日 3
昨日 12
総数 27757

沖縄県の「循環型社会の構築」、「離島における資源化対策」、「ちゅら島環境美化」を推進

リサイクルポートとは

  大量生産・大量消費・大量廃棄の社会経済システムへの反省から、「循環型社会の構築」が急務です。そのため廃棄物の発生量を抑制(リヂュース)し、廃棄物を再利用・再資源化(リサイクル)する、「循環資源」として適正に利用・処分する必要があります。このため国土交通省では、循環型社会の実現を図るため、リサイクルポート(総合静脈物流拠点港)として、全国21港を指定しました。
 中城湾港新港地区は、港湾背後にリサイクル施設の集積があり、本島中部に位置し、本島内の循環資源の集約も行いやすく、本島内で処理できない循環資源を県外に輸送するにも適しているということで、平成15年にリサイクルポートに指定されました。
 中城湾港新港地区のリサイクルポートは、沖縄本島のみならず、沖縄振興計画で掲げた「離島と沖縄本島の連携による処理困難物質対策や廃棄物の輸送等静脈物流システムの構築」の推進、沖縄県環境保全実施計画で掲げた「離島における資源化対策」「ちゅら島環境美化」等の推進に大きく寄与するものです。

中城湾港リサイクルポート(総合静脈物流拠点港)の指定について
 
プリンタ出力用画面
友達に伝える

PageTopへ